ダイレクトメールにはどんな種類があるか

企業は、自分たちの会社や店舗の知名度を上げ集客を求めるためにさまざまな営業努力を行っています。人を使った営業はもちろんのこと、チラシを配布したりインターネットを使った宣伝が最近では増えてきています。そしてダイレクトメールもその一つです。ダイレクトメールは全く自分たちのことを知らない人に贈ることもありますが一度利用してくれたお客様に対して送ることもあります。ポイントカードなどで顧客情報を作成しそれをもとにダイレクトメールを作成、配布するわけです。ただがむしゃらにチラシを配るより、一度来てくれた方に再来店を促すほうが販売促進としては効果が高いと言えます。このようなダイレクトメールにはさまざまな種類があり自社にあった戦力で作成することが可能となり、それを見つけ出すことによって売り上げにも直結してくるでしょう。

ダイレクトメールを種類別で比較をしてみる

ダイレクトメールには、さまざまな種類があり、その種類によって効果や金額が変わってきます。多くは販売促進の一環として利用することが多いです。次に挨拶状としてダイレクトメールを利用しています。挨拶状は例えば、パーティーの招待状や季節の節目でのあいさつなどがあります。飲食店などで挨拶状を送る場合は、そのダイレクトメールに割引券やプレゼントチケットなどを付けることにより挨拶と販売促進を兼ねて送ることができるわけです。せっかくお金をかけて送るのであれば集客につながるようなものを付けたほうが無駄にならなくて良いと言えます。また販売促進を目的としているダイレクトメールは例えば忘新年会のシーズンが始まる前に早めに予約を取ってもらうために早割りの特典を付けて送ることもあります。シーズンが始まってからの送付では遅いですのでこういったダイレクトメールを利用して早めに顧客に打ち出すことが大切です。

ダイレクトメールの相場はいくらくらいなのか費用対効果は

ダイレクトメールは当然、集客につなげる、会社の認知度を上げるために送ることが多いです。気になるのは費用対効果です。たくさんのお金をかけてダイレクトメールを送ったのにも関わらずイマイチ集客につながらなかったでは意味が無いですし、下手をすると企業イメージを損ねる結果になることもあります。顧客がもらって嬉しいダイレクトメール、企業にとっても集客につながるダイレクトメールを打ち出すことが大切です。その費用もさまざまです。例えばはがきサイズでのダイレクトメールを送る場合ははがき代にプラスして印刷代がかかり平均で70円前後といったところです。これは大体の金額であり白黒かカラー、作成する枚数によって変動があります。どれくらいの集客を見込んで何枚くらい作成するか費用対効果をしっかりと考えながら枚数を決める必要があります。