安いダイレクトメールの見つけ方

一般的にダイレクトメール(DM)はハガキを使うという先入観もあるようですが、現在ではA4サイズの印刷物自体に宛名を張っていたり、透明の封筒に印刷物を入れたり様々です。DMのサイズは大きく分けるとハガキとハガキ以外の大きさに分けられます。ハガキサイズは郵送料金が一番安いのですが、サイズが小さく入れられる情報に制限がありインパクトのあるデザインが出来にくいデメリットもあります。ハガキ以外のサイズで郵送代を安く抑えるには、A4サイズの印刷物をそのまま送るという事になります。A4サイズの厚紙の両面にアピール内容を印刷し、表面の一部に宛名シールを張りそのまま郵送するDMです。A4サイズの両面を使うのでハガキより色々な内容を記載する事ができインパクトもあります。また、圧着タイプの印刷方法を取り入れる事により、さらにページ数を増やす事が出来ます。

人の興味をひく魅力的なダイレクトメールを作成

会社やお店などで商品の紹介やサービスの宣伝方法として使用されるダイレクトメール(DM)。自宅ポストに投函されているDMを見て商品やお店に興味を持った方も沢山いると思います。DMを制作するには自分で作成する事も出来ますが、インクコストや準備時間を考えると印刷会社やデザイン会社に依頼するのも効果的な手法です。また、オンデマンド印刷を上手に活用することで枚数も少量から注文が可能な上、DMの内容も個々に違った内容にしたりと魅力的なダイレクトメールを作成する事も可能です。送り先の相手の趣味嗜好に合わせた内容であれば、開封させる確率を高める事にもなります。現在では観音開きで圧着させるタイプのDMが主流で、郵送料金の安いハガキサイズでも開く事によって多くの情報を伝える事が可能となります。紙や加工に凝ったものなどの印刷もできる為、見た目で興味をひくようなDMが作成できるように変わってきています。

ダイレクトメールを送るタイミングも大切

ダイレクトメール(DM)は郵送するタイミングも大切です。お中元やお歳暮のDMの場合は、百貨店やスーパーなどの総合店では需要ピークの二ヶ月前、専門店では一ヶ月前頃から郵送します。中小の専門店が一ヶ月遅く郵送するのは、あまり早いタイミングで郵送すると反響が少なくなる事があります。来店促進のDMの場合は繁忙期(売れる時)前に郵送します。DMの送り先は常連客が多い為、新規客狙いでのチラシ期間(繁忙期)前に上得意客(DM郵送客)向けのセール案内をした方が来店のリピート率が上がりやすいのです。この様に上得意客を特別に扱う事で忠誠度も高まります。誕生日や記念日のDMの場合は毎月20~25日に翌月のお誕生日を迎えるお客様宛にDMを郵送します。可能であれば誕生日前に届くように送ると反応率は高まります。